お飛び箱
– floating box –

下町のログハウス。

「つくりたいモノをつくりたい。」

東京下町の住宅街の中にログハウスを新築。
建築現場で廃棄されるはずのロス材をつかい、基礎から仕上げまでセルフビルドした。

しかし、現代の日本の建築は法律など書類上のルールに縛られ多くの制約をうける。

本当にそれは正しいことなのか?

では、どこからが建築物で、どこからが建築物ではないのか?

何時かは朽ちる、それが自然。

向き合うことが建築である。

お飛び箱はそれを解消し、資産価値のない建築物の設立に成功した。

その答えは現地にて。